読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドさんの甘口ポエムブログ

カレーのこととか、プログラミングのこととか。

岡山で4ヶ月間住んでみた雑感

1月に「入社しました」エントリを書いて以来、全く更新していないのでゴールデンウィークを利用してブログ書きましょうかね。 本当はこまめに書いていった方がいいんだろうな。頑張っていきます。

株式会社ミーニューではリードエンジニアをやってます。進捗管理だったりとか、マネージメントとか、全体的な仕組みづくり、とかとか。今までにやったこと無いことばかりですが、試行錯誤しながらぼちぼちやってます。

さて東京で6年働いてUターンして戻って来たんですが色々なギャップみたいなものを感じたのでちょっと書いてみようと思います。

イベントはあるけど、それを発信する人が少ない

「岡山? なんもない」みたいに他県民も言うし、地元民も自虐的に言うんですが面白いイベントは沢山あります。が、それをオープンに発信している人って少ないんですよね。

ネットのメディアなんかはPVが稼げるような東京近郊だったりとか、話題になりやすい観光地なんかは記事にするけど、やっぱり「岡山??? なにがあるの???」って感じで取り上げられることは少ないんだろうねえ。

東京にいるときは何らかしらのイベントに参加したりしたらtwittergoogleで検索し他の人の感想だったりとか、どう感じたのかなとかを調べるんですがそういうのが殆どないです。単純に母数の問題なんだろうか。 それともLINEや鍵付きのtwitterなどのクローズドなインターネットの身内のみにシェアしてるんだろうか・・・。

最近の自分の体験でいうと、岡山の蔭凉寺っていうライブができるお寺(!!)で「北インド古典音楽ライブ」をやるっていうんで参加し、ライブ自体満席で立ち見も出るくらい大盛り上がりしたんですね。

岡山 蔭凉寺「新井孝弘 × U-zhaan 北インド古典音楽ライブ」 | おでかけ検索アプリ スポットクリップ

f:id:kitaindia00:20170421203153j:plain

帰ってきて、他の参加者のレポでも楽しもうかなとググったりだとか、twitterで検索したりだとかしたんですが、ほぼ言及なし・・・。無し・・・。さみしい・・・。

「じゃあ自分が発信しろよ!」っていうやつですね。

もっとブログ沢山書いてニッチ領域で一位とりますwww

食べ物の違いはでかい

東京では手に入らない食べ物だったり食材だったりが手に入るのは単純に嬉しいですね。

例えば「行列のできる店のラーメン」シリーズの 尾道ラーメンなんかは関東には売ってなかったりします。

www.nissin.com

f:id:kitaindia00:20170404123346j:plain 岡山はシンプルな具材が乗っかっている「中華そば」屋さんが多く、麺もストレート中細麺が主流。 家系ラーメンのようなちぢれ麺は少ないです。

f:id:kitaindia00:20170303122723j:plain うどん・そばにうずらの卵がついてくるときもある。でも最近は付けてくれる店も少なくなった。

岡山では、肉まんを買うと「からし・酢醤油はどうしますか」と聞かれます。 

東京で肉まんを買う時付けてくれなかったんで「コンビニでは原価高とかそういうので付けてくれないのかな」と思ってたんですが、地域差があるのを知りびっくりしました。

matome.naver.jp

食べ物で偏屈な感じになると人が離れていく

岡山へ帰ってきた時は感動のあまり、「岡山のうどん、魚、最高!!!!!! 東京で今まで食べてたのは何だったんやwww」みたいなことを書いてたけど、それが原因で東京出身の方と喧嘩をしてしまい、それ以来食べ物の違いで優劣関係を感じるのはやめることにしました。(本当ごめん)

出身の料理だったり味付けだったりを腐されるとそりゃ怒るよね・・・。

東京には色んな出身の人がいるし「全国的に美味しいものが集まる」というけど大きく西と東で味の文化圏がちゃんと分かれていて、うどんにしてもどん兵衛は東と西で味を変えるくらいだから西のどん兵衛は関東では売れないんだと思う・・・。食べ慣れているものが一番なんだよやっぱり。

そういう文化の違いを(最近は)認められるようになってからは、自分の心のつっかえみたいなのも取れたような気がします。

自然とか環境とか

走って30分で山登り可能

f:id:kitaindia00:20170505145705j:plain

岡山市内でも、ちょっと原付を走らせればすぐに山へアクセスできます。しかも人が殆どいないwwww

「ちょっと独りで自然を見たい・・・」 って思った時に、立ち食いそば的なノリでフラっと行けるのは最高です。

ドイツ語で、「Waldeinsamkeit(ヴァルトアインザムカイト)」っていう「森の中で一人きりになっている気分」という意味のユニークな言葉があるんですが、岡山ではそれが体感できるっていう。

あ、岡山 に「ドイツの森」っていうテーマパークもあるくらいですしね。

岡山農業公園 ドイツの森 公式ページ

こんな感じで

色んな場所を拠点にして見ると違いがわかるよっていう感じのエントリでした。みなさんも岡山に遊びに来てね。